スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PHP] twitter に自動つぶやきをする bot の作成

BASIC認証からOAuth認証に切り替える方法を探している方はこちら
[PHP/Twitter] なるべく簡単にBASIC認証で作っていた bot をOAuth認証へ切替えるための作業をまとめてみた


正確には現在使っているアカウントを利用して、そのアカウントから手動ではなく自動でつぶやきがされるということで、bot といえるのかどうかわかりませんが、そういうものを作ってみたという話。

twitter については、APIの仕様は公開されているので、それにしたがって PHP でも Perl でも何からでも POST 送信ができれば問題ないらしい。

参考 : [観] Twitter API 仕様書 (勝手に日本語訳シリーズ)
http://watcher.moe-nifty.com/memo/2007/04/twitter_api.html

API 仕様を読めばできるわけですが、端から端まで目を通すのも面倒なので、
作り方を解説しているサイトを拝見することにしましょう。

■[twitter][php][api]PHPでTwitterに投稿
http://d.hatena.ne.jp/hirataka522/20080126

やってることはシンプルです。
stream_context_create() など使って関数的にはごちゃごちゃしてますが、ユーザ名とパスワードで認証をさせたうえで、送信したいメッセージを送っています。

というわけで、ユーザ名とパスワードを自分のものに書き換えて、メッセージを適当なものにすればOK。ただ、それだけではメッセージが固定で面白くないので、メッセージはスクリプト内で何か生成してやる必要があります。

たとえば名言・格言を吐くものであれば、名言・格言の文字列をテキストかデータベースにもってやって、そこからランダムで選んで送信するものでいいでしょう。あとは cron なり何なりで定期的にそのスクリプトが叩かれるようにすれば、定期的に名言・格言を吐く bot のできあがりです。

企業さんの bot であれば、企業さんサイトで持っているCMSに組み込むとか、システムに組み込むのが面倒であれば、RSSフィードを読み込んでその内容を送信させるとかにする形が考えられます。

また、自分へのリプライに対するつぶやきを行う場合は、こちらがわかりやすいかと。

Twitterのジョセフbotに返信機能が付きました
http://palemag.kazeki.net/blog/archives/487

わかりやすい解説がされているのでそのままなのですが、さっき更新を行ったときに update.xml へアクセスしたのに対して、mentions.xml へアクセスして自分へのリプライのリストを得るのが違うところです。

そのリストから内容を読み取って、スクリプト内でいろいろ加工して(しりとりとか、連想単語とか、翻訳とか)、その結果をつぶやくようにすればいいはず。

追記(2009/12/03):
専用アカウントにしたので晒しておきます。
戦国呟介(せんごくつぶやきのすけ)です。ネーミングセンスは気にしないでね☆ミ
http://twitter.com/sengoku_tweet
↓こんな感じ。

[BOT 武将のひとこと] 木曾義在 曰く、「2~3分で済む寝癖の直し方」 http://r.nanapi.jp/2257/less than a minute ago via API



追記(2010/04/28):
twitter で BASIC認証が使えなくなるというアナウンスがあり、おそらく上記の方法は使えなくなります。
前述のURL([twitter][php][api]PHPでTwitterに投稿)でいうと、


$result = file_get_contents($url.$params , false, stream_context_create(array(
"http" => array(
"method" => "POST",
"header" => "Authorization: Basic ". base64_encode($username. ":". $password)
)
)));


この部分ですね。BASE64エンコードをかけてBASIC認証を使っています。

TwitterのBASIC認証廃止、企業ユーザーが知っておくべきこと
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1004/28/news012.html

というわけで OAuth認証 を使う必要があります。
戦国呟介も BASIC認証を使ってるので修正する必要があるなあ。また作業を終えたらご報告します。

自分用メモ:
OAuth認証を自作する!(php+twitter)
http://pavane.rdy.jp/archives/144

[PukiWiki]
twitter/PHP でつぶやき投稿(OAuth認証)
http://hodade.adam.ne.jp/itmemo/index.php?twitter%2FPHP%A4%C7%A4%C4%A4%D6%A4%E4%A4%AD%C5%EA%B9%C6%A1%CAOAuth%C7%A7%BE%DA%A1%CB

PHPでTwitter APIのOAuthを使う方法まとめ - 頭ん中
http://www.msng.info/archives/2010/01/twitter_api_oauth_with_php.php

追記:2010/05/10
[PHP/Twitter] なるべく簡単にBASIC認証で作っていた bot をOAuth認証へ切替えるための作業をまとめてみた

OAuth への変更についてけっこう書いてみたら長くなったので別エントリにしました。上記参照ください。
スポンサーサイト

テーマ : Twitter
ジャンル : コンピュータ

[漫画] 今までどんだけマジ日本の漫画業界 いろんな奴らが本気でやってきたんだと思ってんだ

ZEEBRAさんが、
「今までどんだけマジ日本の音楽業界 いろんな奴らが本気でやってきたんだと思ってんだ 」
と、You Tube にいきなり direct で生で挿入!したのが去年のことです。もうだいぶ経ったような気もするのですが、月日の経つのは早いものですね。

ZEEBRA さんはまったくこれからする話に関係はなく、ただの話の枕なんだメーン

というわけで黒岩よしひろ先生の話なのです。
黒岩先生のことについては以前も書きましたが([漫画] 黒岩よしひろ先生がまた成人向け漫画に戻ってきた件)、週刊少年ジャンプ→児童向け漫画とか成人向け漫画とかいろいろ→ケータイコミックという流れをおおまかにたどっておられるようです。

■ジャンプ時代 時代の流れ→
黒岩よしひろ短編集―夢語り (ジャンプスーパーコミックス)変幻戦忍アスカ 1 (ジャンプコミックス)鬼神童子ZENKI 1 (ジャンプコミックス)怪奇まんだら 1 (ジャンプコミックス)

■それ以後 時代の流れ→
ふわふわ。 1 (バンブー・コミックス)おうたま (メガストアコミックス)永遠のそら (ヤングキングコミックス)ステージガールズ 1 完全版 おかしな二人篇 (産経コミック)


私は先生の描く太股太めの女の子が好きなので、いまでも先生のブログをRSSリーダでヲチするなどしているのですが、あまり明るめのお話はされておられません。

つい最近も(11/12:打ち合わせ

エロってだけでテンション下がる。
気持ち悪くなるんだ。
体が拒否る。
参った。
もう、ロト6が当たってくれればいいのに、なんて思ってしまう。
一生分のお金がドカーンと当たればいいのになあ。



自分の描きたいものと求められているものにギャップを覚えられている模様。

また(10/22:ロト6の本

オレも何か理論が見つけられればいいんだけどなあ。
当てたいよね。ロト6。
当たったら、遊んで暮らせるよね。



(9/24:宝くじ売り場

今日抽選のあるロト6。
駆け込みで買う人多いんだなあ。
いつ買ったら当たりやすいとかあるのかな。
抽選の直前に買うと当たりやすいとか。



かなりロト6を当てたいのはひしひしと感じられます。私が BIG で6億円を当てたら1億円は黒岩先生に寄付して変幻戦忍アスカの続編を描いていただきたいと思いますのでその節はどうか。

で、まあそんなふうに黒岩先生の行く末を私は日本で100本の指に入るぐらいには心配していると思うのですが、RSSリーダでチェックしてるわけですね。その中でカテゴリわけしているわけですが、「あしめし」と同時に更新されたりすると並んで表示されたりして非常に微妙な気分になるわけです。

「あしめし」は葛西りいちさんの「アシでメシが食えんのか」というブログの略称であり、書籍化された際のタイトルにもなっているのですが、こちらはブログでのWeb漫画から人気を呼び、書籍化、ストーリー漫画のデビューも果たしたという、いま昇竜がごとき勢いなわけでございます。

あしめし (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)あしめし (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
(2009/04/30)
葛西 りいち

商品詳細を見る


で、「あしめし」の「ストーリー連載の原稿が終わりました!」というエントリと黒岩先生の「ロト6当たらないかなあ」的なものが並んでおりますと非常に微妙なわけでございます。

もちろん読者の環境、社会の環境、業界の環境が変わっていけば売れるものも変わってくるのは当然なのですが、まさにZEEBRAさんもおっしゃっていたように「いろんな奴らが本気でやってきた」わけでございまして、そういう方たちが一線から離れていくのは切ないわけであります。

友愛の政権は「現在の弱者」を手厚く保護しようとしているようですが、こういった「本気でやってきた」方々が報われるような、そんな社会になればいいなあと願わずにはいられません。


あ、これはちょっと本気でいけるんじゃないかと思っているのですが、Webでもの書きをしてる人向けのサービスとして、挿絵とか同人誌の表紙絵を描くとかって引き受けてもらえるのでしょうかね? モノクロ1点5,000~10,000円、カラー表紙絵20,000~50,000円とかならそれなりに需要がありそうな気がするのですが。というか私がお願いしたいです。

黒岩先生、なにかの加減でこちらをご覧になっておられましたらお願いいたします。

タグ : 黒岩よしひろ

検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。