スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[勉強法] 何から買ったらいいかしら 中国語検定4級までに使った本や教材

なんやかんやで独学でぼちぼちとやってたのですが、
4級受かりましたので本とか何を買ったらいいかしらという方のご参考になれば。

実際勉強してみて、「中国語を学習する」という点においては
発音などのこともあって、独学よりも実際に話せる教室などに行った方が
いいだろうなというのが実感ではあるのですが、とりあえず検定だけとりたいという
目的であれば、傾向もありますし効率のいい勉強法というのはある気がします。

とりあえず使ったものを列挙しますね。

キクタン中国語 入門編―聞いて覚える中国語単語帳 (英語の超人になる!アルク学参シリーズ)キクタン中国語 入門編―聞いて覚える中国語単語帳 (英語の超人になる!アルク学参シリーズ)
(2008/05/27)
関西大学中国語教材研究会

帯に注目です。「準4級」向けの単語帳です。正直なところ間違えたのですが、下手に4級の単語を覚えよう、と構えるよりも、準4級レベルをきっちり覚えた方がいいかもしれません。CDがついてますが、これがなかなかいい。後述します。


中国語のきほんドリル中国語のきほんドリル
(2010/07)
千葉 明

繁体字も併記されてるのが特徴。学習する、というよりは雰囲気をつかむのにいいかも。CDとかありません。


DVDではじめる! ゼロからカンタン中国語DVDではじめる! ゼロからカンタン中国語
(2010/02/16)
楊 為夫、楊 達 他

発音など口の形とかから説明されているので、独学には入門にいいかと。


合格奪取!中国語検定4級 トレーニングブック合格奪取!中国語検定4級 トレーニングブック
(2007/09/26)
戴 暁旬

実際の試験にしたがった傾向の問題と形式。ヒアリング問題はCDに収録。読み上げスピードなども、実際の試験とほぼ同じ感じです。後述します。


真剣に学び続ける人の中国語教本 入門編―ゼロから中検4級合格レベルまで真剣に学び続ける人の中国語教本 入門編―ゼロから中検4級合格レベルまで
(2009/05)
本間 史

真剣でなかったのでしんどかったという。教材としてはいい本です。丁寧に項目ごとに分けて繰り返し学習できます。教科書的な感じなので、こつこつと積み上げられる人にはいいかと。


学研 中国語三昧DS 聴き&書きトレーニング学研 中国語三昧DS 聴き&書きトレーニング
(2011/03/17)
Nintendo DS

手を動かして書いて覚えられるのがいい。


学研 中国語三昧DS学研 中国語三昧DS
(2008/07/10)
Nintendo DS

自分で発音したものを録音して、おてほんと比較したりできます。


このほかに最初は学習SNSの iKnow!(smart.fm) なんかも
使ってたのですが、有料版になって中国語もなくなったので。
ピンインも覚えられるし便利だったのですけど、終わってしまったものは仕方ないです。

あくまでも検定のために、ということでゼロから学習するのであれば、

1)中国語の雰囲気つかむ
 ↓
2)単語覚える
 ↓
3)検定試験の傾向で文法覚えつつ、ヒアリングを訓練する


あたりが効率的ではあるかと思います。
で、それぞれに対応する教材なのですが、

1)中国語の雰囲気つかむ
 これはもう入り口なので、とっつきやすいものを本屋で選ばれるのがいいかなと。
 ゲームが親しみやすいというのであれば、上記のDSのソフトなどをやってみるとよいです。
 本やソフトをやりこむ必要はないと思います。

 なんとなく、

 ・声調なんて概念があるんだ
 ・まー まー? ま~ ま!
 ・e の発音難しいよね
 ・あれ? 文法はそんなに難しくないかも? 過去形の動詞変化とかないんだ!
 ・あれ? でも語順は難しい・・・。
 ・簡体字って日本の漢字とけっこう違うんだ!
 ・「赢」とかちっとも「簡体」じゃねえよ!
 ・同じ漢字でも意味の違うのある! なにこれ!


 あたりを感じて、「中国語って漢字並べりゃいいもんじゃないんだ」と
 うちひしがれて頂ければと思います。

 本とかでピンインの代わりにカタカナで再见(ツァイチェン)とか書いてるのが
ありますけど、個人的にあんまりよろしくないなあ、と思っています。
 カタカナ読みは現実と発音とは違いますし、変にカタカナで覚えると後々しんどいです。
 ヒアリングで泣きをみることになります。

2)単語覚える

 単語帳系の教材でがっつり聞いて、がっつり読んで、がっつり書いて覚えましょう。
 上記のものではキクタンがそれにあたります。
 文法をぼちぼちやっていってもいいのですが、基本的な語彙がないと
 文法ごとに新出単語を覚えていくのはしんどいです。

 で、キクタンのいいところなのですが、CDがついていて単語を読みあげてくれます。
 単語ごとに 中国語→日本語→中国語 で、BGMに中国風の音楽が流れてます。
 これがリズムがあって飽きにくい。単調な読み上げだと眠くなりますし。

 私はこれを使って、CDを iPod に落としたうえで

・とりあえず本を読みつつ通しでCD聴く
・ページごと(1ページ8単語)にみっちり覚える。できれば声に出す
・ページの下部分に単語ごとのチェックボックスがあるので
 「日本語→中国語」 「中国語→日本語」がわかるかノートに書いてみる
 できなかったものは印をつけておく
・印がついているものについてみっちり復習

 としました。既に書きましたが、4級試験でも準4級のキクタンで十分です。
 とにかくきっちり覚えましょう。例文がそれぞれ単語にあるので、それは覚えずとも
 ノートに書いて手に中国語の文をなじませましょう。

3)検定試験の傾向で文法覚えつつ、ヒアリングを訓練する

 「中国語検定4級 トレーニングブック」については、実際の試験に則した形式と傾向の
学習ができるようになってます。これをしっかりやれば確実に検定受かります。
 文法の解説もしっかりしてますし、良書です。

 傾向の話をしますと、長文の内容とか、でてくる単語とかはだいたい決まってます。
 たとえば長文なんかは身の回りのことや、学生の生活なんかが多いと思います。
 誰それは大学何年生? 誰それはどこに行ったの? 誰それは晩御飯に何を食べたの?
 そんな感じです。この本の問題もそれにそったものが多いです。


 あとは、おすすめとしては辞書を一冊もたれることです。
 電子辞書は便利で発音もチェックできるのですが、紙の辞書が一冊あればいいでしょう。


クラウン中日辞典 小型版クラウン中日辞典 小型版
(2004/02)
松岡 栄志、白井 啓介 他

私はこれですが、辞書自体の大きさや、文字の読みやすさなどで自分にあったものを手にとって比較されるのがいいかと思います。


 教材にたいてい新出単語の意味は書いてますし、単語帳でもいいのですが、
書き順や、漢字のいろいろな意味などを知るにはやはり辞書が必要だと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 中国語学習
ジャンル : 学校・教育

タグ : 中国語

検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。