スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Web] Firefoxのプラグイン Web Developer が凄く便利

Firefox のプラグインにはいろいろと便利なものがあって重宝しているのですが、
もうこれがあるというだけで他のブラウザに抜ける気がなくなりました。

使わない人にはまったく用はないのでしょうが、"Web Developer" という代物です。

Webdeveloperのダウンロード:ミナトラボ
http://lab.tubonotubo.jp/tools/webdeveloper/index.html

なにをするもんかというと、Web制作の補助をしてくれるものです。

 正直なところ私、つい最近までスタイルシート嫌いでした。
何がWeb標準かと、それなりに見えればいいじゃないかと、
デザイナならまだしも、なんでWebプログラマがそんなこと
まで気をつけないといけないのかと。

 とはいえ時代の波にはどうしようもなく、扱うWebページには
スタイルシートはつきものになり、Webツールの何をいじるにも
スタイルシートを編集するという作業は必須になりました。

 しかし何が私をこれから遠ざけていたかというと、HTMLページと
CSSファイルの分離にあったわけです。そのほうが後々のためとはいえ、
字を赤にするだけでもCSSで定義し、さらにその定義をHTMLにあてはめると
いう作業はどうしてもなじめませんでした。

 ましてや自分が作ったものならまだしも、人の作ったものを変更するときに
「この文字はなんで変な隙間が空くのか」「この画像はどこをいじれば変更できるのか」
などとファイルの中身を見ながら考えるという非効率な作業を強いられるわけです。

 前置きが長くなりました。"Web Developer" は、いろいろ機能があるようですが、
(実際あまり使いこなしてはいない)

「ページをWebブラウザで見ながら、CSSでの定義内容が把握できる」

 これが素晴らしい。

Web Developer みほん


 ようは↑こういうことで、ブラウジングしているページの箇所を指定することで
どんなスタイルが適用されているかその画面内で確認できるわけです。
上記の例でいうと、<p> および <p> の rand_text が適用されています。
それがどのファイルに定義されているかも表示されています。

 すごく快適。昔にフォント弄りに血道をあげた時期もありましたが、
毎回 <font> タグを書いていたのが馬鹿馬鹿しいです。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

これは便利そうですな。

CSSいじりでは何度か気が狂いそうになったことが
ありました。Firefoxは比較的プレーンに解釈して
くれるので私も愛用です。

そのうち使ってみたいと思います。

No title

これはサジで重宝物です。

いまここで書いててもこの枠が狭くて馬鹿じゃないかと
思ったりするのですが、WebDeveloperでこのtextarea を
パチッとあてると、

div.form dl dd textarea (ライン 468)
{
width: 380px;
height: 150px;
}


と出るので、この width を変えればいいとわかる
わけです。
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。