スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[雑記] 「児童ポルノ」と判定されるであろうリスクについて考えてみた

児童ポルノ判定リスク図

↑クリックすると少し大きくなります

現在(2009/07/09)は、自民党と民主党で法案内容のすりあわせ中らしいですが、関わりそうな業界の方々はこれからどうなっていくのかを不安に感じていられるかと思います。

法案の中に実在の少女・少年をあつかわない作品に関して具体的文言が加えられるのか、そもそも法案が決定になるのかというところではありますが、私は決まったとしてもおそらくは、具体的に何が対象となるのかよくわからんままのものになるかと思っています。

その場合、何が問題となって何が問題とならないのか、についてちょっと考えてみました。
あくまで法的解釈ではなく、「なんとなく具体的例が示されないまま法が施行されたときに業界および消費者がぼんやりともつであろう線引き」を考慮しています。

すなわち何が「児童ポルノ」とみなされるのか、ですが、

・「児童」であるか
・「猥褻」であるか

の二軸で考えられるのではないかと思います。「児童ポルノ」の言葉を分解しただけといえばそうなのですが。

・「児童」であるか

 については、年齢もそうですが、実在の人間でない場合はそれが「児童」とみなされるかどうかの確度を考えます。すなわち創作作品であればそのキャラクターの年齢がどこかで示されているか、年齢を示唆する描写があるか、見た目はどうか(絵のタッチ、衣装)、というところです。

・「猥褻」であるか

 これもただ単に性交の描写があるかに加えて、「一般的」で「良識的」な(あくまでもカッコつきですよ)人々にとって嫌悪感をもよおさせるかどうか、犯罪的であるか、を含むかと思います。

 こんなことはもっと前か論議され整理されていることなのかもしれませんが、少なくとも私個人が考えてみても線引きが難しいことを示すだけでも、本件が抱えている難しい点や問題が浮き出てくるのではないかと思います。

「きれいな線引きなんかできるわけねーよ」というナンセンスなものなので、そのつもりで鼻で笑って眺めていただければと思います。プロットした具体的な作品例は私の気分で位置を決めています。この位置決め自体が個人的主観なのでナンセンスなんですよね。例が偏っているのは無視してください。


#洒落でアストロ球団を極地に置きましたけど、全裸で懸垂やってる人とかいましたね……もうちょっと猥褻よりかもしれません。


そういうわけでまたエロに冬の時代が訪れるのかなと思うのですが、以前の冬の時代は平成11年に「児童買春・児童ポルノ処罰法、児童ポルノ禁止法」が施行されたときです。

お菓子系とよばれる雑誌(→Wikipedia:お菓子系雑誌)にその影響は大きかったのですが、端的にいいますと、こういうものです。

Cream (クリーム) 2009年 06月号 [雑誌]Cream (クリーム) 2009年 06月号 [雑誌]
(2009/05/07)
不明

商品詳細を見る


最近またその冬の時代直前の状態に戻っているような感じがするのですが、まあこんな感じのものが法が施行されるとなって急に内容が変わったのですね。なんかAV女優さんのヌード写真とかに変わっていた気がします。
表紙に「○○XX子 13歳」とかいう表現も一気になくなりました。またいまは復活してるみたいですね。

その後なんやかんやあって、なんか結局法のボーダーを模索しつつ、元に近い状態に戻してきているような状態かと思います。今回も施行されたとして、またこの波のような動き(規制→自粛→摘発されない程度に戻す)に結局はなるのではないかなあ、と個人的には思っています。

これはモノが「児童ポルノ」とみなされるかについてぼんやりと考えてみたものですけど、「摘発の対象になるか」を図示しても興味深いかもしれませんね。(面白がっているわけではありませんが)

・「児童ポルノ」を明確な意思を持って購入した
・「児童ポルノ」をそうと知らず購入した、手に入れた
・「児童ポルノ」を法施行前から保持していた、存在は知らなかった
・見知らぬ他者から「児童ポルノ」を閲覧できるURLをメールで送られ、消さなかった
・「児童ポルノ」を自作し、公には出さなかった

追記:(2009/07/13)
コメントをいただいたのを機につらつらと思い返してみるに、「全裸で懸垂」をやっていたのは「野望の王国」だということに気がつきました。

野望の王国 1 完全版 (ニチブンコミックス)野望の王国 1 完全版 (ニチブンコミックス)
(2002/09/27)
雁屋 哲

商品詳細を見る


もっというと懸垂ではなく、つり輪だったような。
方向的にアストロ球団とそんなに離れてもいない気がするのでよしとします。

アストロ球団 (第1巻)アストロ球団 (第1巻)
(1999/03)
遠崎 史朗中島 徳博

商品詳細を見る


端的にいうと、人がいっぱい死ぬ野球漫画です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 児童買春・児童ポルノ処罰法
ジャンル : 政治・経済

タグ : 児童ポルノ

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

アストロ球団!!!!

No title

あら日央さん、いらっしゃいませ。

アストロ球団は違う意味でいろいろと有害な気がしなくもないです。
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。