スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[漫画] 黒岩よしひろ先生の「原稿売りたし」に対する上野毛先生の反応

昨日の、

[漫画] 黒岩よしひろ先生が原稿の買い手を募集しておられますぞ

の追記みたいなものなのですが、黒岩先生は昨日も

キャラ設定: 黒岩よしひろブログ

なんで嫌いなものを書かなきゃいけないのか。
ジレンマ。
好きな事だけやって生きている人がうらやましい。
誰かさんは親から9億円ももらっているしなあ。
そんなふうになりたいものだよ。



などと、どんよりとしてらっしゃるのですが、黒岩先生のブログの「原稿売りたし」のエントリを読まれた上野毛あさみ先生がこのような反応を。
(上野毛あさみ先生は黒岩よしひろ先生が作画をされた「ステージガールズ」の原作をされました)

緊急告知 | 上野毛あさみのステージガールズ日記

 黒岩よしひろ先生が、ちょっととんでもないことをなさろうとしています。12月1日の段階では半分冗談かもと思っていたのですが、2日の「原稿売りたし2」で、具体的な金額を提示したことで「本気だ」と。
 背に腹は代えられない事情でもあるのでしょうが、原稿は作家の命です。ブログで特に何の理由も明かさず「売りたし」というのは、どうにもうなづけない話です。



「基本的には「反対」」 | 上野毛あさみのステージガールズ日記

 私は基本的に、黒岩よしひろ先生の「原稿を売りたい」意見には反対です。事情があるにしても。
 「サスケ、バリオン、アスカの3作だけしか売らない」のならいいのですが、いつ「ステージガールズも売りたい」とおっしゃるかわからないので。



 私はまったくの一読者な部外者なので、どうすべきといった事をここで言うつもりもないのですが、昨今の黒岩先生のエントリを見る限り、お金のために自分の意に沿わないもの(エロとか)を書くこと自体に忸怩たるものがあり、お金があればそんなことをしなくていい、というところから原稿を売りたいというような考えになっているのかと想像します。

 だからといって、誰かホワイトナイト的な人が原稿を先生の言い値で買えば解決するのか、という話でもないと思うのですけどね。

 というわけで、200万も出せないけど、黒岩先生になにかしてあげたいと思う方は、「ステージガールズの既刊を買う」→「お蔵入りになりそうな3巻が出る」→「黒岩先生潤う」になるかと思いますので、ぜひご検討ください。

ステージガールズ 1 完全版 おかしな二人篇 (産経コミック)ステージガールズ 1 完全版 おかしな二人篇 (産経コミック)
(2008/11/10)
上野毛 あさみ

商品詳細を見る
ステージガールズ 2 完全版 コーラスライン篇 (産経コミック)ステージガールズ 2 完全版 コーラスライン篇 (産経コミック)
(2009/01)
上野毛 あさみ

商品詳細を見る

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ : 黒岩よしひろ

comment

管理者にだけメッセージを送る

検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。