スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[雑記] Wii U の USB記録メディア(ハードディスク)の対応について(バスパワー / セルフパワー)

先日 Wii U が発売されまして、私もプレミアムパックを購入いたしましてね。

Wii U プレミアムセット (WUP-S-KAFC)Wii U プレミアムセット (WUP-S-KAFC)
(2012/12/08)
Nintendo Wii U


Wii U はお安いベーシックセットもありまして、
プレミアムセットと何が違うかといいますとプレミアムは
充電スタンドとか小物周辺機器がついてたり、ポイントサービスがあったりするのですが、
最大の違いとしては本体ハードのメモリ容量が異なることです。
ベーシックで 8GB、プレミアムで 32GBです。

で、このメモリ容量は本体のシステム使用分もふくんでいます。
ダウンロードしたソフトはここに保存されますが、システム使用分が5~6GBはありますので、
ベーシックはそのままではダウンロードソフトが遊べないと思っていいです。
(バーチャルコンソールとか小さい容量のものは除く)

となるとプレミアムだと十分かというとそうでもなく、
システム分を除いた自由に使える容量は 25GB前後です。
大きめのソフトですと、容量が10GBを超えることもあるので、
下手すると2つめのソフトを保存する容量が確保できません。

ではどうするかといいますと「USB記録メディア」と呼称しているものを
使用します。ひらたくいうところのハードディスクです。

任天堂公認での対応ハードは以下になっています。

Wii U|動作確認済みUSB記録メディア|Nintendo
http://www.nintendo.co.jp/wiiu/support/usbmedia/

あげられているのはそんなに多くはありません。
オフィシャルで対応を確認できたもの、ということなので少ないのだと思います。
おそらくは、最近のハードディスクで、
セルフパワー(USBからの給電だけでなくACアダプタなどで給電する)のものは使えるでしょう。

上記ページにも

・Wii Uはセルフパワー※1タイプと呼ばれるUSBハードディスクに対応しています。
・バスパワー※2タイプと呼ばれるUSBハードディスクにつきましては、
 動作検証作業が完了し次第、ご案内いたします。


の記載があります。

ためしに私もバスパワーのハードディスクを接続してみたのですが、
初期化までは成功したものの、書き込みが発生すると(ダウンロードを始めると)
使用できない旨のエラーが発生してしまいました。

となれば公式対応のセルフパワーのハードディスクを買えばいいのですが、
お金もかかることですし、何よりセルフパワーのものは大きく場所をとり、
電源を1つふさいでしまうのも問題です。

バスパワーのコンパクトなものを電源もとらずに使用できればいいのですが、
それは可能なものか。

エレコムのサイトでは、対応しているバスパワーのハードディスクについて記載があります。
 ※任天堂ではなく、エレコムでの対応確認

Wii U動作検証(エレコム自社検証による)
http://www.elecom.co.jp/support/list/wiiu_e/

可能ではあるようです。ただし、次の記載があります。

Wii Uでご使用頂く際は、Yケーブル(mini-B)が必要です。
弊社ダブルパワーUSBケーブル(USB-M5DPBK)をご使用下さい。


Yケーブルというのは二股になっている形状のものをさします。
今回の場合、Wii U 本体に刺す A端子が2股になっていて、
ハードディスクにはその機器に対応する端子(MiniBとかMicroBとか)の構成に
なっているケーブルです。

CYBER ・ ダブルUSB充電ケーブル (Wii U GamePad用) ブラックCYBER ・ ダブルUSB充電ケーブル (Wii U GamePad用) ブラック
(2013/03/30)
Nintendo Wii U



上記の製品は用途としては違うものなのですが、形としてはこういうものです。
(これは用途としては GamePad を本体から充電するもの)
家電量販店で探すときは、一般的なUSBケーブルの売り場にはないかもしれません。
PCパーツ売り場に置いてることもありますし、店員さんに聞けば早いでしょう。

とりあえず試すには下記のこういう安いのでいいと思います。
私が買ったのも同等品です。
(ハードディスク側の端子に注意!)

Groovy 電源補助ケーブル付USBケーブル GM-UH004Groovy 電源補助ケーブル付USBケーブル GM-UH004


まだゲームの稼働までは試していませんが、
初期化→ゲームのダウンロードまでは辿り着けました。
(初期化の際はこのタイプのケーブルを使うと2つ以上の接続があるとして
 エラーになることがあるようなので、そのときは通常のケーブルを使用)

また、Wii U には前面に2つ横並びに、背面に2つ縦並びに
USB端子がありますが、背面の端子はけっこう近い位置に隣接しています。
ですので、上記のようなケーブルを使う場合、Wii U 側のコネクタが
丸みのある太いものだと並べて刺すのが難しいのかもしれません。
私も結局前面に刺しました。

バスパワーのハードディスクを使ってみたい方は試してみてください。


追記: 2013/04/08
無事、ダウンロードしきった真・北斗無双が動作するのを確認いたしました。
こころもち、本体メモリで動かしてた時よりロードが早い気がします。


追記: 2013/04/22

WiiU用YタイプUSB接続ケーブル『YタイプUSBケーブル』WiiU用YタイプUSB接続ケーブル『YタイプUSBケーブル』
(2013/04/19)
Nintendo Wii U


WiiUにACアダプタ無しのHDDを接続する際に必須!
YタイプのUSBケーブルでHDDもバスパワーで駆動OK!

特徴1:バスパワー対応のハードディスクをWiiUで使用するためのUSBケーブル
   ・YタイプのUSBケーブル2ポート接続で電力不足を解消!!

特徴2:YタイプのUSB接続ケーブルでバスパワー不足を防ぐ!

特徴3:ジャマにならない短めのケーブル長:10cm

注意:全てのバスパワータイプのHDDで動作を保証するものではありません。

このケーブルを使用してもご使用のHDDによっては電力不足で動作しない場合があります。





ちゃんとこの目的向けの商品でました。
やっぱ需要あるよなあ。
ただ、この商品のHDD側コネクタは Aメス(Aオスをつなぐ)なので気をつけてください。

[雑記] Amazonで発送先をコンビニに変更しようとしたら「この店舗は閉店などにより選択できません」と言われたでござる

Amazon は近日、ローソンだけではなくファミリーマートもコンビニ受け取りが
できるようになって便利になりましたね。



まあそれはそれとして、配送が近くなった予約商品を自宅ではなくて
コンビニ受け取りにしようとしたのですが、変更画面に行って
指定したいファミリーマートを選択しようとすると、

この店舗は閉店などにより選択できません

との表示。

まじかよ・・・。
まあ確かにそんなに儲かってるようでもなかったし、
店長の嫁さんもええ歳なのにほぼ毎日働いてたからな・・・。
最後にファミチキでも買ってやるか・・・。

とか思ったのですが、冷静に考えてみるとそんなそぶりもなかったわけで、
再度コンビニを新しく検索し直してみました。

すると、ファミリーマートがまったく検索結果にでてこない。
なんじゃこりゃ。ローソンばっかり。ここは江坂か。
ローソンの向かいにローソンがある江坂か。(最近はそうでもないらしいです)

大阪市営地下鉄御堂筋線の江坂駅周辺には、なぜローソンが多いのでしょうか? - Yahoo!知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1111865996

どうも、うちの近辺だけかもしれないのですが、注文済みの商品を
届け先変更でファミリーマートに指定することができないみたいです。
ファミリーマートへのデータの受け渡しの問題なのかしら?

というわけで、変更したい商品が未発送、
および現在も注文(予約)を受け付けていることを確認のうえ、
(その商品がもう品切れや予約終了していることもありますので)

・変更したい現在の注文をキャンセル

・再度同じ商品を注文して届け先指定したいコンビニ(ファミリーマート)を選択


これで、私は解決できました。
同じようなことでお悩みの方、お試しされてはいかがでしょうか。

[政治] 発足から1年間の内閣支持率の推移をグラフにしてみた

自分が見たかったのだけど、どうも見つからなかったので自分でまとめた。
それぞれの内閣(正確には小泉さんみたいに内閣を改造しているパターンもあるので、首相単位で)が、
発足から一年間の間、どのように支持率が変化していったのかという推移。



データはNHK放送文化研究所から。
世論調査の結果・分析>政治意識月例調査
http://www.nhk.or.jp/bunken/yoron/political/index.html

目視でデータ入力したのでミスがあるかもしれませんがご容赦下さい。
また、このデータ自体の信頼性がどうのとかいう話もありますが、傾向を見るだけなら十分かなと思います。

まあだいたい似たようなもんだなあというのが正直なところ。
後から上がってるのは小渕さんぐらいですね。
最初期待されず、まあまあやってるじゃないか、との評価でしょうか。
小泉さんはけっこう下がってはいるものの、ここから50~60%をキープし続けるのはご存知の通り。


2010/01/13 追記:
2010/01の調査結果が出ましたので反映しました。支持率は52%。(前月↓4
2010/02/22 追記:
2010/02の調査結果が出ましたので反映しました。支持率は47%。(前月↓5
2010/03/09 追記:
2010/03の調査結果が出ましたので反映しました。支持率は38%。(前月↓9
2010/04/13 追記:
2010/04の調査結果が出ましたので反映しました。支持率は32%。(前月↓6
2010/05/14 追記:
2010/05の調査結果が出ましたので反映しました。支持率は21%。(前月↓11
2010/06/21 追記:
2010/06の調査結果が出ましたので反映しました。菅内閣発足。支持率は61%。
2010/07/22 追記:
2010/07の調査結果が出ましたので反映しました。支持率は39%。(前月↓22
発足一カ月で不支持が支持を上回ったのは、森内閣以来かと思います。
2010/08/20 追記:
2010/08の調査結果が出ましたので反映しました。支持率は41%。(前月↑2
2010/09/22 追記:
2010/09の調査結果が出ましたので反映しました。支持率は65%。(前月↑24
大幅回復です。代表選挙の後でもあり、野党との比較というよりは、
小沢さんと比べてどうか、という評価も入っているのかもしれませんね。
2010/10/15 追記:
2010/10の調査結果が出ましたので反映しました。支持率は48%。(前月↓17
尖閣問題もあって大幅ダウンではあるのですが、先々月よりは高いですね。
2010/11/09 追記:
2010/11の調査結果が出ましたので反映しました。支持率は31%。(前月↓17
尖閣はじめ、外交問題もあってか、過去最低です。
2010/12/15 追記:
2010/12の調査結果が出ましたので反映しました。支持率は25%。(前月↓6
森内閣の支持率に近づきつつあります。
2011/01/12 追記:
2011/01の調査結果が出ましたので反映しました。支持率は29%。(前月↑4
少し持ち直しました。
2011/02/21 追記:
2011/02の調査結果が出ましたので反映しました。支持率は21%。(前月↓8
過去最低を更新しました。鳩山さんの辞める直前と同じくらいの値になっています。
2011/05/10 追記:
2011/04の調査結果が出ましたので反映しました。支持率は27%。(前々月↑6
大震災のため3月には調査されていません。
回復していますが、混乱している最中に首相を変えたくない、という思いが反映されているのかもしれません。
2011/06/28 追記:
2011/05の調査結果が出ましたので反映しました。支持率は28%。(前月↑1
2011/06の調査結果が出ましたので反映しました。支持率は25%。(前月↓3
徐々に下がる傾向に戻った気がします。なんだかんだで一年経ちましたね。
2011/07/15 追記:
一年経過しましたのでグラフは更新していませんが、2011/07の調査結果をメモしておきます。
支持率は大きく下がり 16%。(前月↓9
2011/09/21 追記:
2011/09の調査結果が出ましたので反映しました。野田内閣発足。支持率は60%。
振り返れば、菅さんのときも61%あったんですよね。鳩山さんはさらに高かったという。
2011/10/17 追記:
2011/10の調査結果が出ましたので反映しました。支持率は53%。(前月↓7
2011/11/17 追記:
2011/11の調査結果が出ましたので反映しました。支持率は45%。(前月↓8
2011/12/22 追記:
2011/12の調査結果が出ましたので反映しました。支持率は37%。(前月↓8
2012/01/18 追記:
2012/01の調査結果が出ましたので反映しました。支持率は30%。(前月↓7
2012/04/10 追記:
まとめて反映しました。私も興味を失ってますが、世間もそのようで横ばいです。
2012/10/25 追記:
横ばいですね。
2013/01/28 追記:
2013/01の調査結果が出ましたので反映しました。第2次安倍内閣発足。支持率は64%。

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

タグ : 内閣 支持率 世論調査

[Web] 偽セキュリティソフト Internet Security (名前いろいろあり)が超うざかったけどなんとか消したでござる

Microsoft Security Essentials を入れていたのですけどね、
Web閲覧中だったのでおそらくどこぞのページに埋め込まれていたのでしょう。
いきなり警告を始めてあらゆるアプリケーションを「危険!危険!」と起動させなくするという。

タイトルにはそれっぽく Internet Security とあって、
なんかスキャンをやり始めて(たぶんやってるように見せかけてるだけ)、
駆除するにはお金払ってね! とクレジット番号の入力を促すのです。

Isecurity.exe-インターネット セキュリティ マルウェア ウイルス プロセス
http://trojan-killer.net/ja/isecurity-exe-virus/

このページはセキュリティソフトの宣伝なので、試してみられるもよし、
情報をありがたく承って手動で駆除するのもよしです。
やることは二つ、実行ファイルの削除と、レジストリに書き込まれたこの実行ファイルの起動です。

ただ、この偽セキュリティソフトが入ってしまうと実質何のオペレーションもできなくなるので、
情報を仕入れようとブラウザを立ちあげても終了され、レジストリをいじろうにも
regedit.exe が終了され、タスクマネージャからプロセスを落としてやろうとしても
これも終了されます。手が込んでいます。

というわけで、前述のページに書かれているように
taskkill を用いて落としたりするわけです。

taskkill.exe/F/IM isecurity.exe



実体は isecurity.exe です。(亜種はファイル名が違うでしょうが)
この taskkill コマンドは危険なものではありません。
むやみやたらにプロセスを終了させる行為はよろしいものではありませんが、
内容をわかって実行する分には問題ありません。

タスクを強制的に終了させる(TASKKILLコマンドの使い方)
http://miniminiadmin.jugem.jp/?eid=319

↑こちらをご覧いただければ、内容は理解できるかと思います。
/F は「強制終了するよ」 /IM は「指定された名前のものに対して実行するよ」なので、
「taskkill を使って isecurity.exe を強制終了させるよ」です。簡単でしょ?

もしくは、別のPCがあればツールを手に入れてきてプロセスを止めることができます。
別のPCから RogueKiller.exe 等をダウンロードしてきて、USBメモリ等で汚染されたPCへコピーし、
妨害されなさそうな名前( svchost.exe とか )に変更して実行すると、プロセスを止めてくれます。
(なぜ変更するかというと、そのままの名前だと他のアプリケーション同様に終了される
危険性があるので、妨害から無視されるような、Windowsで標準で動いているような
名前にしておけば騙せるのです)

これで他のアプリケーションの起動を阻害されないので、
ここで始めて対処ができるようになるわけです。

偽セキュリティソフト・偽PCメンテナンスツール駆除「RogueKiller」
http://lhsp.s206.xrea.com/misc/roguekiller.html
 ※こちらにも記載されていますが、RogueKiller.exe が旧バージョンのころの情報です

 現在の RogueKiller.exe はこんな感じですね。
 DOS起動ではなく、普通のウインドウアプリケーションです。

RogueKiller.exe

 本来なら駆除までやってくれるはずなのですが、
私の環境ではスキャンを行うと途中で終了してしまいました。
でもプロセスを止めるところまでが面倒なので、あとは特に手間ではありません。

いい用心としては、これらのツールをあらかじめ落としておいて、
いざというときに使うのがいいかもしれませんね。

 ここからは普通に調べものもできるので楽でしょう。
 ツールを使うなり、情報を集めて手作業で駆除もできます。

 ツールの場合は Spybot なんかがあります。

Spybot-S&D
http://www.safer-networking.org/jp/index.html

 手作業の場合は、いろいろ Web から情報を集めて行います。
 今回の場合の私の作業は以下の通り。

1. RogueKiller.exe で問題のあるアプリケーションのパスはわかったのでまずこれを消す
 ( 私の場合は C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\isecurity.exe でした )

2. レジストリの問題エントリを削除
 ( 私の場合は HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion
 Run isecurity.exe とありました。 )


そのほか参考:
Internet Security 2012を削除してみよう
http://trojan-killer.net/ja/isecurity-exe-virus/

テーマ : インターネット
ジャンル : コンピュータ

[iOS] iOS4で動いていたアプリがiOS5で原因不明の落ち方をして動作しないでござる

という標題通りのことがありまして。

急いでいる方に結論を先に書いておきますね。
iOS5 では iOS4 では見逃されていたしょうもないコーディングミスでアプリが落ちることがあるぞ!


はい。後はぐだぐだ書いていきますね。
冗長に書いていきますが、お悩みの方に何かヒントがあれば幸いです。
iOS4向けとして作成していたアプリを、前述のエントリのように
Webからインストールできるようにしておりまして、問題なく動いていたんですね。

参考:当ブログ内の別エントリ
[iOS] Distributing Enterprise Apps for iOS 4 Devices (iOS4 デバイスへのエンタープライズアプリケーションの配布)

で、端末を iOS5 にアップロードさせると起動したかと思うとすぐ終了したり、
起動しても PickerView を表示させようとした時点で落ちるように終了したり
していたのです。

また不思議なことに、端末を USBで接続して、Xcodeから起動させると問題なく
動作したりするのです。これが事象の概要です。

【事象】
iOS4 で問題なく動作していたアプリが iOS5 に更新した端末で動作しなくなった。
アプリを消して再度インストールしても同様。


で、いろいろ調べたり試行錯誤しておりました。
PickerView を表示しようとしたときに落ちることが多かったので、
修正ではなくゼロの状態から PickerView のみ配置した簡単な
アプリなどつくってみたら動作に問題はないわけです。

よくわからないので、再度ゼロから作り直していったらいいのかな? と思い
前のコードを拾えるところ拾いつつ勉強のつもりで再コーディング。
で、だいたい完成のところまで組み込んで、.ipa のファイルを作成して
FTPでアップして、端末からダウンロードしてインストール。
すると、以前と同じ事象が。 PickerView を表示しようとして落ちます。

と、いうことは 「以前のXCodeで作成したものがダメ」なのではなく、
「何らかの問題を内包していて、iOS4ではダマシダマシ動いていたものが
iOS5では終了するようになった」
と推測しました。

Xcode経由で動かしていても問題がないので、端末に何かログ的なものがあれば推測しやすいか?
と思い調べると、落ちたときのログが残っていました。
オーガナイザ(Xcode4.2であれば右肩の Organizer)を開いて、Device Logs を探してください。

参考:iOS開発ガイド - コンソール出力ログとデバイスログの表示
https://developer.apple.com/jp/devcenter/ios/library/documentation/Xcode/Conceptual/ios_development_workflow/#130-Debugging_Applications/debugging_applications.html

だいたいぱっとみてもよくわからないバイナリ情報が羅列してあるのですが、
運が良ければ問題のあるコードのファイル名と行数が載っています。

私の場合はそれがあり、PickerView を2列にしていて、2列目を selectRow() で値を
指定しようとして落ちているようでした。
ひとつの PickerView を numberOfComponentsInPickerView() 内で場合によって
1か2を返しており、1列にしたり2列にしたりしていたので、こういう使い方がいかんのかな?
とも思ったのですが、調べていくとそうでもないらしい。

ああでもないこうでもないといろいろ試して行き着いたのが、
titleForRow() で PickerView 内のドラムの要素を設定しているところ。

ざっくり書くと 0~6 を候補にすべく、こんなふうに書いておりました。

NSSTring* strArray[6] = { @"0", @"1", @"2", @"3", @"4", @"5", @"6" };

おかしなことしておりますね。配列は0から始まるので、strArray[7] でなくてはいけません。
でもこれでエラーも出ず、Xcode 経由の動作では問題がなかったのです。
おそらくは配列の7個目を Xcode 経由で動かすときは無理やり拡張してくれていたのでしょう。

これを正しく直すとあれ解決。
ですので、冒頭にも結論として書きましたが、Xcodeからのデバッグでは
エラーも吐かれず特に問題がないように見えても、
実機で動かすとおかしいことがあるぞ・・・ということです。

【原因】
コーディングミスにより、一定の添字数の配列よりあふれる形で値を与えていた。
iOS4 実機では問題なく動くものの、iOS5 実機では厳密にエラーとなり、
強制終了していた。


【解決の鍵】
オーガナイザから実機のログを参照して、問題のありそうな箇所を探る。
箇所がだいたい特定されたら、周囲のコードを見直す。

検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。